少子高齢化の影響

工具

終活の一部として

近年、地方においては過疎化に拍車がかかっています。若者の都会への流出が増えていて、コミュニティーを維持するのが困難となっています。そして、大きな問題となっているのがお墓の管理だと言われています。無縁墓や無縁仏が急増していて、手付かずの状態になっています。荒れ果てたお墓や仏壇を放置しておくと、御先祖さまに合わせる顔がありません。しっかりと供養をすることで、成仏することが出来るのではないでしょうか。もう一つの考え方としては、墓じまいが挙げられます。誰も管理をする身内が居なくなれば、墓じまいを選択するしかありません。無論、荒れた状態で報知するよりは墓じまいの方が数段良いと言われています。墓じまいに関しては、お寺さんと石材店に分けて依頼を考える必要があります。お墓には霊が入っていますし、それを抜いてもらうことで通常の墓石の状態にすることが求められます。僧侶の読経によって霊が抜かれて、その後は永代供養を依頼するのが一般的です。また、墓石の撤去と整地は石材店に頼むと良いのではないでしょうか。規模によっても異なりますが、費用は30〜50万円と言われています。近年は、墓じまいを選択する方が増えています。罰当たりなイメージがありますが、決してそんなことはありません。やむを得ずお参りが出来ないこともありますし、遺骨を手元に置いて供養をするという考えもまちがいなではありません。終活をする方が増えていますが、なるべく元気なうちに考えておくべき問題です。

Copyright© 2019 どんなに小さな仕事であっても確実にこなしてくれます All Rights Reserved.